*礼拝説教を有り難うございます*

2022年11月27日(日)礼拝

説教「人の子が来る」 

本日の説教者 三吉信彦牧師 

略歴

1943年 大阪生まれ

1956年 日本基督教団八尾東教会にて受洗

1967年 京都大学法学部卒

1972年 東京神学大学修士課程修了

同 年 日本基督教団仙川教会伝道師

1975年 奈良市北西部で開拓伝道に従事

    高の原教会を設立

1998年 教団千葉教会に転任

2017年 同教会辞任

現在 公益社団法人好善社代表理事

 

  (日本基督教団教務教師)

三吉信彦牧師から好善社の活動についてお聞きしました

慰廃園記念碑 碑文 1894(明治27年)~1942(昭和17)年

  国のハンセン病施策がまだ始まらない時期、偏見と差別のため、社会の中に生きることを許されなかったハンセン病患者に、キリスト信仰に基づいて、安住と医療・療養の場所を提供した。太平洋戦争によって閉鎖を余儀なくされたが、その間在園した患者は4,159人であった。

 

詳しくは、下記の公益社団法人好善社のホームページをご覧下さい。

2022年11月20日(日)礼拝

説教「王さまってどんな人?えらいの?」

本日の説教者 寒河江健牧師 四街道市教会牧師

説教同志社大学神学部入学をきっかけにキリスト教や教会と接点を持つようになりました。自分と 同じように様々な出会いや関わりを契機にキリスト教や教会に興味と関心を持つ人たちと一緒に ご飯を食べたり遊んだりして関わる中で私たちの宝であるイエス・キリストの福音が少しでも伝 わると良いなと祈りつつ働いています。2018年4月から四街道教会で牧師をしています。最近ハ マっていることはキャンプ、アウトドアです。つい最近も家族で谷川岳ハイキング、軽井沢追分教 会の中庭でキャンプをしてきました

2022年11月13日(日) 礼拝

説教「いのちをつなぐもの」

本日の説教者  大久保正禎牧師 日本キリスト教団王子教会主任担任教師

 1996年  京葉中部教会伝道師として就任

1998年  故石丸 実牧師昇天後に、京葉中部教会主任担任教師として就任

20048月 京葉中部教会主任担任教師辞任

200410月 王子教会主任担任教師に就任し現在に至る

 京葉中部教会に在任中は、障がい者のワークホーム「ぽれぽれ」の立ち上げと運営をはじめとして、教会内外で多くの働きに携わって頂きました。2011年の東日本大震災での支援では山本光一先生と共に復興支援の活動をされました。王子教会に行かれた後も、夏のキャンプなど子どもの教会との交流も続けていただいております。

 

能満霊園に納骨されている方々の多くは、大久保先生と深い親交を持たれており、本日は、午後の墓前礼拝も司式をして下さいます。感謝。

2022年10月30日 信徒の証礼拝

     「新しい世界」 (ローマの信徒への手紙 512節-21節) 金元祥郎

本日の聖書の箇所は先週の森下静香先生がお話しされたのと同じ、日本基督教団の聖書日課で指定されたところです。聖書日課を見せていただいて初めて知りましたが、本日20221030日の聖書日課に指定された箇所は「創世記 98節から17節」と「ルカによる福音書 1133節から41節」と「詩編 第1篇」そして「ローマの信徒への手紙」の四か所で、大きなテーマとしては「保存の契約」とされています。 註解書によれば今日の聖書の箇所は、「一人の人間によってもたらされた人間の死は、一人の人間によってまさに正反対の因果関係を世界に創始する。」とされています。新しい世界とは「キリストの勝利によって旧い世界の活動方式が破却し転回された世界」であり、旧い世界とは我々がまさにいまいる世界で、ここでは「死は最高法則」です。 また「罪人の定義」がなされており、罪人とは宗教に関心を持つ人々であり、牧師やその友人であり、教会であり、神学部生であり、註解書の読者であり、ユダヤ人だ、とされています。不思議ですよね。しかも非罪人とは、宗教に無頓着な人、密売人、無神論者、資本主義者、軍国主義者、世俗の娯楽本の読者で、ペリシテ人やモアブ人(そして日本人)だそうです。 さらに新しい世界、とは私たち旧い世界にいる罪人と非罪人と含む人間が、新しい世界にいる人間へと変換する場所になります。まず提案されるのは、アダムと神とのかかわりは私たちの世界の出来事だとされ、この反論として、イエス・キリストと神のかかわりが提示され、この両者の変換が目指される、と解説されていました。 外に向かって歩き出さなければ、日本の人口の1%しかないクリスチャンの人口は増えていかないでしょう。この会堂の借金も返せないことは肌で感じています。札幌元町教会でも借金の返済計画を数年間先送りした、と聞きました。でもどうやって外の世界に働きかけていったらいいのか、山本光一先生を失った今もう一度先生のおっしゃったことをよく考えて、京葉中部教会が外の世界に向かって働きかける方法を一緒にいま考えなければと、思いました。  

2022年10月23日 礼拝

説教「信仰の門」

本日の説教者  森下静香伝道師

 2001年米国ノーザンバプテスト神学大学院卒業。

2018年東京神学大学大学院卒業。20183月~20203月まで2年間、夫と共に大韓民国セムナン教会にて信徒伝道師として奉職。20205月准允を受け、千葉本町教会伝道師となる。現在横浜関東学院六浦中高講師(英語科)もしている。

2022年10月9日 礼拝

説教「信じない者の為にも」 

本日の説教者 西岡昌一郎牧師

石川県金沢市出身。同志社大学院神学研究科を経て、大阪、高知、北海道の小樽と旭川の教会で牧会。2018年から千葉教会牧師。現在、千葉内房分区長、東京同信伝道会委員。

2022年10月2日 礼拝

説教「嵐を静める声」

本日の説教者 菊地信行伝道師 

2022年3月東京神学大学大学院卒業 専攻は組織神学

2022年4月より日本基督教団西千葉教会の伝道師をして着任

お問い合わせ

日本キリスト教団京葉中部教会

〒290-0003千葉県 

市原市辰巳台東3-11-1

TEL&FAX 0436

(55)7737

メール

keiyo-ch@hotmail.co.jp

問い合わせページのメール と同じです

 

ホームページアドレス

http://www.keiyo-ch.jp/

 

   献金

口座名 日本基督教団京葉中部教会代表山本光一

千葉銀行 辰巳台支店(普)

口座番号 3147168

 

 

  会堂建築献金口座

口座名 日本基督教団京葉中部教会代表山本光一

千葉銀行 辰巳台支店(普)

口座番号 3621161