2917年12月3日

今年8月30日に誕生された、このかちゃんの幼児祝福式がありました。

生涯の歩みに神様の祝福がありますように。

特別伝道礼拝 2017年11月26日

 

特別伝道礼拝

   後宮敬爾牧師(霊南坂教会)

説教 「アンビリーバブル!

      ―信じられないほどの喜びー」

聖書〈マルコ福音書9章14節~29節〉

 

 

後宮敬爾先生には午前中の礼拝説教に引き続いて学習会「会堂建築を経験して」という演題でお話をしていただきました。 

礼拝では私たちに信仰とは、祈りとは、と自分の信仰や祈りをみつめ直し深く学ぶことをさせて頂きました。また学習会では会堂建築の経験から多くの事を教えて頂きました。あっという間に時間が過ぎてしまった感じでお話をお聞きしました。後宮先生、奥様のひろみ様本当にありがとうございました。

2017年10月8日の礼拝です

 

幼稚園の運動会が昨日土曜が雨のために本日日曜日になりましたので、礼拝会場をセンターハウスに変更して行われました。

 

10月1日 愛餐会の時に勝亦一江牧師がライアという珍しい楽器を演奏して下さいました。

最近の礼拝時の様子です。

 1枚目 礼拝中の写真

 2~4枚目 礼拝に一緒に参加していた幼稚園生Y君は展開図から立方体にしました 

 

2016年12月24日クリスマス・イブ礼拝

毎年音楽礼拝を行い、多くの方にお越しいただいています。

今年はi-Brassという地元市原市で活躍するママさんブラスの皆さんにお願いしました。

イエス様は弟子たちが「いったい誰が天の国で一番偉いのでしょうか」と言った事に対して、一人の子供を呼び寄せ、彼らの中に立たせて言われた。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることは出来ない。自分を低くして、この子供のようになる人が、天の国でいちばん偉いのだ。わたしの名のためにこのような一人の子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。」という言葉を思い起こす、京葉中部教会らしい子ども達と一緒のイブ・礼拝でした。

2016年11月20日「教会修養会」

 

「高齢化に向かうわたしたちがどのように積極的に宣教活動を展開してゆくのか」をテーマにして発題、分科会、全体協議会がありました。

2016年9月25日「合同野外礼拝」

 

久しぶりにお天気になって、国分寺台中央公園で、こどもと大人の合同礼拝を守ることができました。

聖書の箇所はザアカイがイエス様の姿を一目見ようと木に登ったお話でした。

目の前にはちょうど登れそうな木が有ります。

目と耳でそして心でお話を聞くことが出来ました。

 

礼拝後はゲームやザリガニ釣りをしました^^

2016年8月7日「平和聖日に今の日本をどう思うのか」話し合いをしました

お二人の方に発題して頂いてから、意見交換をしました。

父親が戦後拘留された時の手紙を保管してあった方が、その手紙を通して戦争への思いを話して下さり、18歳の方は留学先のアメリカでは周りに海軍、陸軍へ勤務している方が普通にいらして、学友も卒業後、軍に行く事を決めると学校も国も喜ばしいことだと称えてくれる・・・日本との意識の違いや

日本の友人にも「今の日本をどう思うか」と話を聞いて感じた事を話して下さいました。

2016年7月24日 交換講壇 長浦教会 島田敬子牧師

 

長浦教会の島田敬子牧師に礼拝説教をして頂きました。

島田敬子牧師は50代になられてから牧師になられました。すべてに時があり神様のされる技の素晴らしさを私達に伝えて下さいました。

愛餐会でも「希望」と「期待」の違いを話して下さり、心に留めていきたいと思いました。

2016年6月5日 洗礼式がありました

 

今日がお誕生日のまり子さんが洗礼を受けられました。

 

「教会は、洗礼を受けたいと望むその人と、共に歩む決断をするのです。」

本日の週報にこう書かれていました。

京葉中部教会の仲間と一緒に共に信仰を育てていきましょうね

 

 

光の子幼稚園の保育所部門の新園舎を見学しました 4月3日

園庭から見たイメージよりずっと広い保育室でした。1歳児と2歳児の保育と幼稚園の子ども達対象の延長保育部門の部屋が有りました。1歳児の部屋の椅子には肘かけが付いていて安全に考えられていました。

また、階段の幅が広く親子が手をつないで歩ける幅なのだそうです。

2階と階段の境には安全を考えた腰高の扉も収納されていました。

新しい建物の香りと明るく見通しの良い窓も印象に残りました。

2016年4月3日 教会全体協議会が有りました

 

会堂建築についての話し合いの協議会が有りました。

全大会①、分科会、全体会②の中で色々有意義な話し合いが出来ました。

2016年3月27日 墓前礼拝

 イースター礼拝後、能満霊園にて墓前礼拝を行いました。

 最近は讃美歌・聖書・祈祷の後に故人の関係者から、その方の思い出を語って頂いています。

 本日は石丸和人さんに祖父の石丸尊義さんとの思い出を話して頂きました。

2016年3月6日

特別伝道礼拝がありました。

説教「主イエスに従って心を一つに」ディヴァン・スクルマン牧師です。

愛餐会、学習会「台湾とキリスト教会の歴史」というテーマでお話していただきました。

台湾中部山岳地帯の台湾基督長老教会牧師です。

現在は北海教区で働いておられ私たちの教会の為にお出でくださいました。感謝いたします。

2016年1月3日

本日は市川三本松教会の外谷育子伝道師に「恵みと真理が宿る」(ヨハネ1章14~18節)と題した説教をして頂きました。

イエス様が「言葉」となって私達に宿っていて下さる。人間とは何か?どうあるべきか?は聖書に書かれている。聖書は=「言葉」 「言葉」は=イエス様 人と人との破れを癒す教会となるように・・・その働きで癒されるのは何より私達自身であるのだから・・・

愛餐の時では、雑煮とおせち料理に喜んで頂きました。

「木々は触ってあげると、元気に成長する。梅や桜は『ここにいます』と主張する為に葉より先に咲く。私たちもお互いを触って^^自分の気持ちを話して、教会が「ここに有ります」と地域に主張して咲いていけたらいいですね」と言った様な話をして頂きました。

2015年12月27日

山本光一牧師が病気で入院されていたので、長尾 守氏(千葉教会長老)に証をお願いした所、快諾して頂きました。お父様とお爺様が牧師をされていたそうで、その語り口は牧師そのものでした。

 

2015年9月27日


古屋朝則牧師に主日礼拝の説教をしていただきました。

その後の愛餐会の様子です。

聖書の箇所について感じた事などを話しながら、夏野菜のカレーやサラダ、デザートを頂きました。

2015年9月13日教会修養会


今年度の教会修養会は「交わりを大切に」というテーマで

製作物を一緒に作りました。こういった内容の修養会は初めてですが、とても良い時を過ごせました。

1部で子どもの教会の物入れと木製のスリッパ入れの製作

2部は3種類のゲームをしてからティータイムでした。



北総教会訪問2014.9.13

2014年8月16日教会で結婚式が行われました

教会員ご夫妻の娘さんが結婚されました。神様から導かれお二人が出会い結婚することになりました。 これからも神様からの支えと導きが豊かに与えられますように・・・

「平和を願う朗読の会」2014.8.3

平和聖日礼拝後の集会の為に、プロダクション・タンク所属の俳優、声優の金子達さんにお越しいただき、肥田舜太郎作「内部被ばくを知っていますか」の朗読をして頂きました

 

肥田舜太郎先生はたまたま往診に出かけていて、爆心地から1.6Kmにあった広島陸軍病院にはおらず被ばくをまぬがれ、原爆投下直後から被ばく者の治療にあたられ、今に至っている現役のお医者さんです。

核兵器と原発の危険を知らされる朗読の会でした

「キャラバン隊いちょう公演」2014.7.4

週報に記載された山本牧師のコメントです。 

「キャラバン隊いちょう」の公演があり、幼稚園のお母さんたちなど40名ほどが参加しました。自閉症を持つ人たちが、世界をどのように見たり聞いたりしているのか、研究の成果を取り入れて分かりやすく教えてくださいました。自閉症は先天的に100人に一人おられます。治療の対象でもありません。子どもたちがそのままで受け入れられる社会となれば良いなと思いました。

参加型の公演
参加型の公演

京葉教育文化センター・光の子幼稚園・京葉中部教会の3団体で「キャラバン隊いちょう」をお招きしました。障がいのある人たちが、普段生活していく上でどのような不自由・不便・困難があり、どのようなサポートをしてもらえたら助かるのか・・を一緒に考える体験型授業をしていただきました。

光の子幼稚園の卒園生のお母さんの体験も語っていただく事でより身近に感じた方や、障がいのあるお子さんへの接し方に役立った方、また在園児・卒園児の保護者の多くの方達に参加して頂き、この公演を通して多くを感じとってもらえたようでした。

多くの方に来ていただきたいと手作りのタイカレーを用意した成果も!!あったようです。

公演後、キャラバン隊の皆さんと障がいのある子を持った先輩としてお話も出来ましたので感謝です。

 

「釜石の方と一緒に愛餐会」20014.5.25

礼拝後の愛餐
礼拝後の愛餐

 

釜石へのボランティアで知り合った方と交流しています。

今回は横浜におられる親戚訪問を兼ねて、市原でも2泊3日を過ごして頂きましたので、礼拝後に皆さんとの交流をして頂きました。

 

自己紹介の時には津波の時の状況も話して下さいました。

ボランティアの派遣を教会が支援していなければ、知り合えなかったので教会を訪問したかったとおっしゃっていました。

市原まで迎えに来られる横浜の親族の方は、海の中を走るアクアラインは津波を思い起こすので今も通れません。

ボランティアで訪問した折には報告していますが、こういう形で交流出来たことが一番良かったと思いました。

 

「愛餐会(受洗祝会)がありました」

お祝いの言葉の後に始まりました
お祝いの言葉の後に始まりました

 

毎月、愛餐会という食事をしながらの交流の場があります。

いつも、美味しい食事を作って下さる方の奉仕によって今回は

イースターの時に受洗された方のお祝いを兼ねて豪華な愛餐と

なりました。

「墓前礼拝にて納骨式もありました」

能満霊園 教会墓地にて
能満霊園 教会墓地にて

 

 

石丸志津子さんの納骨式を行いました

「2014年4月6日特別伝道礼拝」

 

金 纓(きむ・よん)牧師に説教をしていただきました。

「旅人として」ヘブライ人への手紙11章13~16節

 

礼拝後には金牧師を囲んで愛餐会と新潟の高校に入学する

西川君の壮行会がもたれました。

「2014年3月9日法人格取得事務打ち合わせ」

県庁の学事課に行って「法人化するにはどうしたらいいですか?」という全く素人の段階からの質問を・・・して来ました。

感想を書くと「もっと早く聞きに行った方が良かったなぁ・・・」です。

写真は昼食を県庁の食堂20階で食べたあとに寄った19階の展望フロアーからの写真(海側から千葉城側まで県庁の回りを一望できます)と今日の打ち合わせのあと、必要な冊子を糊付けして、自分のは自分で作ろう!と製本しているところです。

「2014年3月2日石丸志津子さんを偲ぶ会」

石丸志津子さんは初代牧師の石丸実牧師の奥様で光の子幼稚園の園長もされていました。

いつも笑顔で楚々とした印象なのに、凛とした様子を持ち、神様と人につかえた信仰者のお手本でした

ご遺族に主の慰めがありますように

「2014年2月16日冨貴島教会との交換講壇」

説教
説教

 

 

山本光一牧師は冨貴島教会での説教奉仕へ、京葉中部教会には冨貴島教会の池田季美枝牧師にお越しいただきました。

「イエスの癒し」マルコの福音書1章35節~45節

「2014年2月9日の礼拝は大雪のため・・・」

「12月30日(月)に寿町へ炊き出しの支援に教会から伺っています」

「信徒の証礼拝2013年12月29日」

信徒の証「老の上り坂を行く」
信徒の証「老の上り坂を行く」

 

本日の礼拝は信徒の証礼拝でした。

小さな子ども達から大人達が一緒に過ごす礼拝

教会員も10代から80代の年齢層の人達がいる

特徴ある教会・・・この恵みを大切にしたいと

証をお聞きして思いました

うん!逆さま?
うん!逆さま?

証のとおり、こんなに小さな子も手に讃美歌を・・・

いつも一緒に礼拝の場所にいることで、

親や周りの人たちの様子を見ながら、お祈りや讃美歌に触れ

育っていくのはとても素晴らしいことです

   (私の息子のお下がりのジャンパーです)

「被災地の教会へケーキのプレゼント2013年12月14日」

まだまだ作りました
まだまだ作りました

昨年に引き続きクリスマスプレゼントのパウンドケーキを

教会員12名で作りました。

今年は63本です。
公民館の調理室で9時~16時までかかり焼き上げました。

明日の礼拝後に発送作業です。

今年も西橋さんの旦那様がケーキを入れる箱を作って下さいました。

 

32教会の皆様のところに届きます(#^.^#)

「2013年11月3日の教会は・・・」

「音響配線を覚えられるように・・・8月11日」

いつも音響を担当して下さっている方に、マイク等の配線の繋ぎ方と

役目、録音の仕方を教えてもらいました。
書いてある同じ数字に繋げばいいとの事ですが・・・

その前に数字が・・・小さい!!

年配者向けにまず数字を拡大しないと・・・

いつも有り難うございます(^o^)

 

「愛餐会 7月7日」

「教会の一面・・・」

いつもこんな支援を・・・
いつもこんな支援を・・・

教会ではA4版の週報と共に、拡大した週報を

用意しています。

同じ讃美歌を使う時の為に拡大版は保存して、

再利用しています。

いつも、こういった仕事をして下さっています。

「50周年記念礼拝・祝会」9月9日

子ともと大人の合同礼拝
子ともと大人の合同礼拝

礼拝風景(詳しくはニュースのページをご覧下さい)

昼食風景
昼食風景

幼稚園3部屋が満員です

「戦争体験を聞く会」8月5日

礼拝後、皆ですいとんを頂きました。

その後の「戦争体験を聞く会」では

千葉教会の園部 崇さんにお話しを伺う機会を与えられました。

園部さんは軍事工場勤務の為に千葉市においでになっており、工場でのお話や、その期間中に東京で空襲があり、家族をさがしに東京へ向かわれた時のお話しをお聞きしました。小出典子

お問い合わせ

日本キリスト教団京葉中部教会

〒290-0003千葉県 

市原市辰巳台東3-11

 牧師   山本光一

TEL&FAX 0436(75)2455

メール

keiyo-ch@hotmail.co.jp

問い合わせページのメール と同じです

 

ホームページアドレス

http://www.keiyo-ch.jp/

山本光一牧師携帯

  090 8274 7853

 

  会堂建築献金口座

口座名 日本基督教団京葉中部教会 代表 山本光一

千葉銀行 辰巳台支店

口座番号 3621161